バス釣り中心の日々でございます。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
G.O.D.S WEB SITE
便利!!
天気
RECOMMEND
<< 春を感じる | main | 木目にハマる >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
海釣り
category: 鯛ラバ・ジグ | author: saco
今日は海釣り。
ディープ用の地蔵を試すのがテーマ。


そんで、通常はジグとして使うんですが、今回はジグ鯛ラバとして使用。


釣果はこれのみでしたが、鯛ラバ化は成功でした。

ジグを鯛ラバとして使う場合はラインの擦れ切れに注意しないといけません。
なので、骨陀地蔵を鯛ラバ化する際には下記を真似してくださいね。


フック類、本体、ステンレス針金パーツを準備します。
ここで、重要なのはステン針金パーツ。

長さとかは適当で構いません。

ジグ前面から針金パーツを通して、小さい輪がルアー本体のフックアイに引っかかる様にセット出来ればOK。

このパーツは0.9ミリ径の軟質ステン針金で大丈夫。
で、フックを取り付けるとこんな感じ。

フロントのラインアイの部分も、ソリッドリングを装着するのも大事。

これでスルスル感が増し、擦れ切れしにくくなります。

ちなみに、この方法は骨陀地蔵に限らず市販されているジグでもジグ鯛ラバ化が可能です。

興味がある人は試してみてね。
でも、軟質ステンの針金パーツは、ある程度のサイズが釣れると伸びます。
針金パーツの強度にもこだわりたいなら硬質ステン針金で作ってね。

この針金パーツの販売は行わないので自作してください。
あ、あと、針金パーツを作る場合は、ラインと触れる部分にペンチでの挟み傷を作らないように注意してください。

最後にお知らせ。
骨陀地蔵120、160、200の販売はもう少し先になりますのでしばしお待ちを。
- | - | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH